2011年02月19日




管理画面のリニューアル

管理画面が大幅にリニューアルされて、見やすくなりました。

管理画面右上の
”AdSense の新しい管理画面をお試しください”をクリックするとしようできます。

是非お試しください。

posted by けん at 03:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | アドセンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日




adsense狩り アカウント停止 防御策

adsense.jpg
アカウント停止が、一番アドセンスをしていて恐いことだと思うのですが、1つ、その防御策になることを、別のサイトで発見しましたので、
ご紹介しておきます。

防止できるのは、
自分のアドセンスコードが、悪用されて、
他の規約違反になるサイトに張り付けられることを防ぐ
ということです。

この欄に自分のアドセンス広告を貼り付けているサイトのアドレスを記入するだけです。

具体的な方法は、続きを読む
posted by けん at 00:04 | Comment(43) | TrackBack(0) | アドセンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日




Yahooブログのアクセス解析

Yahooドメインだ。きっとYahooに強いだろう、少なくともリンク効果はあるんじゃないかと思って使い始めたYahoo ブログですが、
使ってみると不便なことがいっぱい。
WS000001.JPG

びっくりしたのが、
アクセス解析ができない。。
標準もついていないうえに、
html テンプレートがいじれないために、
アクセス解析を導入することが出来ません。。なんと。。。

意地でも使いたいというかたは、
アクセス解析のタグを、
ブログの記事を書くたびに、文章中に入れるという方法があるようです。
しかしながら、トップページに入れることができないので、
通常アクセスが一番集まるトップページ index.htmlの解析をすることができません。
その上、リファラーがとれないという素晴らしい仕様により、
検索キーワードは、もちろんのこと、
どこのサイトから来たのかというリンク元も調べることができません。
恐るべし、Yahooブログ。

アクセス解析とは関係ないですが、管理画面が使いにくい。。
過去の記事を編集しようと思っても、直感的に分かりにくい。。
日付の変更が出来ない。。そのため、記事の順番を変更することができません。。。

以上半分愚痴になってしまいました。。。すみません。
posted by けん at 23:48 | Comment(7) | TrackBack(0) | ブログ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日




Google Analyticsとadsenseのリンクが全クライアントで利用可に

WS000000.JPG
私も含めGoogle adsense、Google Analyticsユーザーが首をながーくして待っていた、アカウントの統合が終わったようです。

adsenseの管理画面に現れたGoogle Analyticsと統合するというリンクをクリックし、Analytics内の該当するアカウント>レポートと結びつける作業を行います。

そこからデータが蓄積されるようになるのですが、
しばらくすると、
キーワード等の画面で、今までのコンバージョンタブの他に、adsenseタブが表示されるようになります。
コンテンツの中にも、adsenseのメニューが表示されます。
posted by けん at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | アドセンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日




引用タグblockquoteのデザイン 色変更


引用



ブログでは、よく他のWebの内容を引用したくなることもありますが、そのときに使いたいタグが、blockquoteタグです。

ただ、私の使っているSeesaa Blogでは、blockquoteを使っても、表示に変化が現れず、引用しているのかどうか殆どわかりません。。

ということで、
blockquoteタグを使ったときには、
該当部分が四角く囲まれて色が変わるようにしたいと思います。

具体的には、
CSSに以下の記述を加えることで実現できます。

Seesaa Blogだと、
デザイン>デザイン一覧>選択されているデザインをクリック
>CSS編集の中に、以下の記述を追加。

blockquote{
background:#E6E6FA;
border-left:6px solid #9370DB;
padding:5px;
}
posted by けん at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日




Seesaaブログの記事タイトルをブログタイトルの前に表示する方法

Seesaaブログの記事タイトルをブログタイトルの前に表示する方法。
Seesaa blogでは、htmlを編集することで、タイトルタグを編集することができます。

具体的な方法ですが、
Seesaaブログ管理画面のマイブログ内で、
デザイン>HTMLをクリックし、使用中のHTMLをクリックします。


その中のソース編集画面で、
以下の行を探します。
テキストエディタにコピペして、文字列検索をすると楽チンだと思います。
<title><% blog.title %><% if:extra_title %>: <% extra_title %><% /if %></title>

この中の<% blog.title %>を<% if:extra_title %>: <% extra_title %><% /if %>の後に移動します。
変更後の文字列は、
<title><% if:extra_title %>: <% extra_title %><% /if %><% blog.title %></title>になります。

編集が終わったら、
保存をクリックして完了です!
失敗しても元に戻せるように、HTML名をつけておくと良いと思います。
この名称は何でも良いと思います。
自分は変更内容を書いています。”title変更”というような感じです。

上手く変更が反映されないときは、以下の手順で強制的に変更を反映させてみてください。
設定>ブログ設定を開いて、下のほうにある”最新の情報に更新”をクリック、
その後その下のブログ設定の変更を押してみてください。

posted by けん at 23:06 | Comment(3) | TrackBack(0) | Seesaaブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月09日




Googleの提供するキーワードツール(アドバイスツールの代わり

Googleがキーワードサジェスションツール(オーバーチュアキーワードアドバイスツール、フェレットのようなもの)を発表しました。
Search-based Keyword Tool BETAです。
http://www.google.com/sktool/
ws02.JPG

アドセンスやアドワーズをやるひと、勿論オーバーチュアをやる人もつかると思います。
右上のセッティングから、言語とターゲット地域を設定する必要があります。

設定してしまえば、
ターゲットするサイトのURLと、
メインキーワードを入力すると、
関連キーワード(複合キーワード)
月間検索数(月にそのキーワードが検索された数)
アドワーズ(Google Adwords)を利用する際の参考入札単価(ドル)が表示されます。
ここはまだ良く分かりませんが、各キーワードごとの月間検索数の推移も見れるようです。

個人的には、フェレット(以前このブログで紹介した独立系の月間検索頻度調査ツールをメインで使って、細かく調べたいときには、このSearch-based Keyword Tool BETAを使ってみようと思います。
posted by けん at 01:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | SEO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月08日




アドセンス広告のクリックに至った検索キーワード解析 追跡

どんな検索ワードを使って自分のサイトにたどり着いた人が
コンバージョン(アドセンスのクリック等)に至ったのか?

これは、コンバージョン 目標を設定しているWebサイトの場合は
非常に重要なことですよね。
そのキーワードをターゲットキーワードとして、
SEOやリスティング SEMを行ってゆけばよいということになります。

通常その計測方法は、
コンバージョンとされるページにアクセス解析のコンバージョンタグを設定したり、
コンバージョンとするリンクにコンバージョンタグを設定したりします。

ただ、アドセンスの場合は、アドセンスのリンクをいじる訳には行きませんし、広告主のサイトにコンバージョンタグを設定するわけにも勿論いきませんので、計測しようがないです。

その問題点を解決してくれそうなのが、
Google Analytics(Googleが提供する無料の高性能アクセス解析)と
Google Adsense(アドセンス)の連携です。
利用するには、
アドセンスの管理画面にメッセージが表示されるのを待つ必要があります。2008年の12月頃に発表されたのですが、導入は順次ということで、私はまだその対象になっていないようなので、表示されています。
うーーん早く表示されないかなと、待っています。Googleさん早くー!
posted by けん at 03:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | アドセンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日




FC2ブログ vs Seesaaブログ 比較 第二弾

前回、比較したFC2ブログとSeesaaブログですが、
追記と補足があります!

追記は、
FC2ブログは拍手の機能が標準である。
意味があるのかといわれると・・・ですが、
普通にブログを書く人にとっては、拍手って意外と心のささえになります。
コメントを書くとなると面倒だけど拍手だけなら気軽に押してくれるものです。

補足については、
メールでの投稿ですが、ここは個人的に大きな差があります。
Seesaaブログは、メールの送信元の認証がon offできる!
FC2ブログの場合は、メールを送る携帯端末のアドレスを事前にブログに登録する必要があります。
これは大きな差です。
Seesaaブログだと、
カテゴリーやブログごとに投稿の宛先を変更できたり、
携帯以外にも好きなパソコンや携帯からブログを投稿することが出来ます。
ブログが更新しやすいって大きなことです。

タグ:ブログ FC2 Seesaa
posted by けん at 01:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日




Seesaaブログ vs FC2ブログ 比較

fc2.JPG vsseesaa.JPG
無料ブログを使って、アフィリエイトやらアドセンスをする場合は、
Seesaaブログ(Seesaa blog)か、FC2ブログ(FC2 BLOG)の
いずれかが推奨される場合が殆どのようですが、
いったいどちらが良いのか?

それぞれ使ってみて、ちょっとディープな違いを上げておきます。

まず、どちらのブログでも出来ること、機能は、
・サブドメイン形式でアカウントが取れる。
 一般には凄く重要といわれている。
・各記事のアドレスURLが静的に吐き出される。
 ちゃんと最後が.htmlになっていて、動的でない。
 =検索エンジンにやさしい。
・携帯メールでの記事投稿にも対応している。
 個人的に重視しています。
・再構築が自動化されている。
・HTML CSSが直接いじれる
 これは非常に大事ですね。カスタマイズ出来ないと話にならない。

本題の大きな違い
・デザインテンプレートの充実さ
 これは圧倒的にFC2ブログに軍配が上がると思います。
 Seesaaブログは正直なところ同じようなものばかりな気がする。
 私はメインでSeesaaブログを使わせていただいているのですが、
 FC2を見てかなりうらやましくなりました。
 FC2ブログはユーザーが作ったデザインテンプレートが
 共有化されているのが大きいのかな。
 Seesaaブログ頑張れ!
・複数ブログを1アカウントで持つことが出来るか
 これはSeesaaブログだけにしかない機能。
 そして、すごーーく便利で、助かっている機能です。
 特にアドセンスなどをやるアフィリエイターとしては、
 テーマ別にブログを分けたりしますが、
 1アカウントで、複数のブログを管理出来ちゃうのは凄く便利!
 わざわざブログごとにログインする必要がないです。
 是非FC2さんにも対応して欲しい 
・アクセス解析 アクセスログの有無
 Seesaaブログには、簡易的なアクセス解析 ログ機能があります。
 1日毎にしか分析できないとか、検索キーワードがフレーズ対応していない
 などの不満点はありますが、
 リアルタイムに反映されることと
 ブログの管理画面上でそのまま見れちゃうことのメリットは大きい!
 FC2ブログには標準では付いていません。
 ちなみに私は、どちらのブログでもGoogle Analyticsを併用しています。
・ソーシャルブックマークボタンの標準装備
 Seesaaブログは、ブログの設定欄にどのソーシャルブックマークボタンを記事下に表示するかを選ぶ項目があります。
 FC2ブログにはない。。。。これは是非標準対応して欲しいですね。
posted by けん at 04:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。